肥満から標準体重へのダイエット

もしも肥満体型の人がダイエットに取り組むのであれば、まずは標準体重を目指すようにするといいでしょう。

ダイエットの目標が標準体重である場合は、カロリー摂取量を減らすように食事を変えていきましょう。

大抵の場合、肥満の人の食事はカロリーオーバーです。食事内容を見直すことが、まずは第一歩です。

食習慣の見直しとともに、体重を毎日測り記録します。

毎日体重を測ることで、肥満だった体重が標準体重になっていくことがわかりやすくなり、
モチベーションの維持効果が期待できます。

ダイエット

だんだんと、自分にとって適正な食事の量がわかるようにもなります。

標準体型になるためには、よく噛んで食事をする習慣をつけること、
夜は食べ過ぎないこと、体を動かすよう心がけることがポイントです。

ウォーキングなどの軽い運動は、肥満の人でも体に負担をかけずに続けていくことができます。

ダイエットの効果は、歩くチャンスを増やすことでも得られるといいます。

階層内の移動には階段を使うようにしたり、バス停や駅を一つ手前で降りて歩く機会を
増やすなどのちょっとした取り組みからがいいでしょう。

ウォーキングの時間が取れる人は30分程度の散歩から始めてみるのもおすすめです。

ウォーキングで物足りなくなってきたら、ジョギングやランニングなど運動量の多いものをすると効果が倍加します。

肥満体型を標準体型にするためには、摂取するカロリーを制限しつつ、
消費するカロリー量を増やすために運動をすることでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加