血糖値を下げることにより得られるダイエット効果

食事を摂取した時に上昇する血糖値は、血液中の糖分がインスリンにより各細胞組織に届けられると、徐々に低下して通常値に戻ります。

しかし、これが何らかの原因で常に高い状態が続いてしまうと、身体には様々な不調が生じることになります。

具体的には、多尿や体重の減少、脱水状態、疲労の蓄積などで、さらに悪化すると脳卒中や心筋梗塞などの命に関わる症状を引き起こす危険があります。

ちなみに、この様に血糖値が高い状態が続いてしまう症状のことを、「糖尿病」と呼んでいます。

この糖尿病は、体重を大幅に減らしてしまうという一方で、肥満とも密接に関係しています。

何故なら、血糖値が高くなるとインスリンが大量に分泌されてしまうので、細胞に急激に糖分が吸収されてしまうからです。

また、血糖値が急激に下がると、低血糖という状態になってしまい、空腹を感じやすくなり過食を引き起こしてしまいます。

つまり、血糖値が乱高下するような状態は、肥満を招く要因となるということです。

糖質制限ダイエットは血糖値を下げることもできます

現在大流行中の糖質制限ダイエットは、元々は糖尿病を予防するために考案された食事療法です。

具体的には、血糖値の急激な上昇を抑制することを目的としており、ご飯やパン、パスタなどの炭水化物を制限するという内容です。

これにより、低血糖になることも同時に防止できるので、細胞に糖分が吸収されたり、空腹を感じやすくなるということがありません。

また、このダイエットでは皮下脂肪が優先的にエネルギーとして使用されるので、体重を落とすだけではなく体脂肪率を下げるという効果も期待できます。

つまり、美容を目的としたダイエットとしても納得できる効果を得られるということです。

血糖値とダイエットの関係が参考になりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加